ゴミ屋敷になった大阪の空き家の片付けもスムーズに

近年、少子高齢化に伴い、相続されても住む方がいなくなった空き家が増え、その管理などが問題化しています。
空き家は放置されると倒壊のリスクや、地域での防犯や防災上の問題が生じるほか、雑草が生い茂ったり、庭木が伸び放題になるなど景観や環境にも悪影響を及ぼします。
社会問題になっている空き家がさらにゴミ屋敷であると、より事態は深刻化します。
室内でゴミが腐敗して悪臭を放ったり、ゴキブリやハエなどの害虫が沸き、部屋の外にも出てきて、ご近所にも迷惑がかかります。
相続が生じて久しぶりに帰った大阪の実家や、あまり交流がなかった大阪の親族の家を相続してゴミ屋敷で困っているときには専門業者に相談しましょう。
ゴミの片付けはもちろん、害虫駆除や除菌、脱臭、ハウスクリーニングまでしてくれるので、綺麗に片付けることに成功すれば、誰かに貸したり、売却する道も開けるかもしれません。
空き家の有効活用や利益を得るためにも、気軽に相談してみましょう。

Comments are closed.